「くる農」ツツジ②

一覧に戻る

「くる農」ツツジプログラム第2回目「用土づくりから挿し木まで」を行いました。
挿し木用土として、ボラ土と鹿沼土を1:1で混合しました。
次に、参加者4名それぞれが4月(第1回)に花をみて選んだツツジから挿し穂を取り、苗床に植え付けました。
その後、昼食をとり、解散しました。
挿し木したツツジは、各自持ち帰り、自宅で水やり等の世話をし、第3回目(3月)に鉢上げを行います。

※「くる農」とは久留米農業体験の略。耳納北麓地域の農業を1年を通して体験しながら親しんでいくプログラムです。

挿し木用土づくり
挿し木用土づくり

挿し木作業
挿し木作業

挿し木完成
挿し木完成

くるめ緑化センター内『Piccola Cucina 時の庭』での昼食
くるめ緑化センター内『Piccola Cucina 時の庭』での昼食